参加者の感想


◆2024年5月18日――感想 NEW

スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ] 人間観 後半


  • 今日は、スピリチュアリズムの思想体系Ⅰ「人間観」の心、意識について、そして死後の人間の身体と心について学びました。潜在意識と顕在意識のところは、初めてシルバーバーチの霊訓や、スピリチュアリズムの思想体系を読んだ時と比べれば、少しは理解ができたように思いますが、今、理解している以上のもっと深い内容があるのだと思います。死後の人間の身体と心を学ぶときに、いつも、もやもやした思いを抱いてしまう箇所があります。それは「死によって、地上時代の肉体的障害はなくなる」と書かれているところです。私の仕事は、肉体に障害がある方を支援することです。もちろん「死んだら障害がなくなるから大丈夫ですよ」とは言いませんが、自分が何のために、何を目指して、どのように仕事をしていけばよいのか、考えさせられます。知識だけでは支援はできません。優しさだけでもできません。まだその答えが明確になっていませんが、自分自身が霊的成長の道を歩む中で答えを見つけていきたいと思います。

 

  • 真理を深めると、新たな気づきや発見があるので、読書会の力、手伝ってくれる霊たち、そして、大霊に感謝しています。スピリチュアリズムを学んだ頃から何度も目にして覚えてきた内容の再確認ができました。潜在意識と脳と顕在意識の関係を知ることで、認知症や精神疾患などの心の病を理解する大きな一歩になりました。そのようなハンディを持つ人の辛さがわかり、優しく接することができるようになると実感しています。地上の大切な道具である身体を維持するため、肉体も大切にし、本能に流されないよう神から授かった愛・霊を常に意識しながら頑張ろうと思います。

 

  • 霊的意識は利他的方向を志向し、肉の心は利己的方向を志向する。この相反するかたちに、なぜ神は人間を創造されたのかという思いが生じました。まさに地上で人間は、霊主肉従の努力、利他愛の努力により、霊的成長をなしていくように創造されたのだと改めて感じた次第です。万人が魂の上では完全に平等に創造され、永遠に霊的成長しながら、生き続ける神の分霊であることを、改めて認識させていただきました。今回、特に印象深かった内容は、人間の潜在意識には、地上でのすべての行為、言動(思念)が記録されており、霊界では周りの人々にすべて知られるという点です。自らの霊的成長もさることながら、こうして地上にイエスが再臨している時代にスピリチュアリズムに導かれていることに感謝し、高級霊の道具となって、周りの人々に、スピリチュアリズムを広めていければと感じています。

 

  • 心理学、脳科学、既存の宗教の専門家が一生かけても知ることのできない「心」「意識」とは何かという画期的な意識論を知ることができました。とても恵まれた環境にいることを改めて実感し、とてもありがたく思いました。さらに霊的真理を知って、未熟な自分を反省し、今後はスピリチュアリストとして真理に忠実に生きようと決意し、努力することで、過去の摂理違反の後悔や失敗は、死後、光が当たらないように、潜在意識の片隅にしまいこまれるということも初めて知りました。とても驚くとともに神の深い愛を知りました。まさに真理は、知っただけでは意味がなく、実践してこそ価値があることを、このことからも深く理解しました。本当に地上で生きている間に、正しい霊的真理を理解し、実践することの意義の深さを目の当たりにしている思いです。シルバーバーチによって示された“人間の本質”を真っ先に知ることができた感謝の思いを胸に深く刻み、まだ知らない人に伝えていけるよう道具として、努力を惜しまず精進していかなければと決意を新たにしました。本当にありがとうございました。

 

  • 地上人は肉体を持って生きている以上、常に霊的意識と本能的意識との葛藤を強いられる存在である事が分かりました。地上人生はそうした苦しみがつきものですが、死によって霊肉の葛藤から解放され、喜びの時を迎えるということも教えていただいて、その時まで精一杯頑張り抜こうと思いました。また、地上時代の行いのすべてが潜在意識の中にしまい込まれているということで、振り返れば今まで後悔だらけの人生を送ってきたなぁと思いましたが、しっかりと反省をして、生き直していけば後悔の部分には光が当たらなくなると言うお話でした。こうした深い配慮、こんな私でさえも、真理に出会わせていただき、こうして生き直すチャンスを与えていただけた事に、感謝の思いと感動が身に沁みてくるようでした。本当に真理は希望の光です。神様の懐の深い愛情そのものです。こうした真理を全ての地上人の皆さんに知ってほしいですし、今、後悔の思いを抱いて生きている方もぜひ救われてほしいと思いました。わたしは、真理を手にした事で救われた場面がたくさんあるので、これからは真理普及のために、喜んで人生を捧げて働かせていただきたいと思いました。

 

  • 学習を通して「人間は霊的存在である」という最も重要な事実を再確認し、同時に親である神の存在を強く意識しました。また、人間観を学んだことで、今後の生き方や死後の人生についても考えるようになりました。人生観や死生観につながる重要な学びであると感じました。最後の「潜在意識の働き」についての話は特に印象的でした。地上人生で霊的真理を手にすることができたこと、本当に感謝しています。死後、すべてを自覚したときに後悔しないように、スピリチュアリズム人生をしっかりと歩んでいこうと決意を新たにしました。

 



◆2024年4月20日――感想

スピリチュアリズムの思想体系[Ⅰ] 人間観 前半


  • 今回、初めて横浜シルバーバーチ読書会に参加させていただきました。これまで、スピリチュアリズム普及会のホームページやシルバーバーチに関する本について、心から惹かれるように学んでまいりました。見た目では、一人の歩み(実際には霊界からの導きがありました)でしたが、今日、このようにして他のスピリチュアリストの方々と共に霊的真理を学ばせていただいたことに感謝しております。思想体系Ⅰの時間軸、思想体系Ⅱの水平軸、思想体系Ⅲの実践軸など、なかなか一人では理解しづらい点もご説明いただき、体系的に理解することができました。本日のテーマ「人間観」は、分かっているようで正しく理解できていない面もあると感じていますが、昨日よりも今日、さらに正しく理解度を高めたと感じています。これからも、一人のスピリチュアリストとしてまだまだですが、読書会で学ばせていただきながら、霊的真理をより正しく理解し、実践していきたいと思います。

 

  • 今日は、スピリチュアリズムの思想体系Ⅰの“人間観”について学びました。「人間とはどのような存在なのか?」というだれもが知りたい基本的な問いに対してスピリチュアリズムだけが、明確な答えを示しているということを知って、改めてスピリチュアリズムの存在意義や、その素晴らしさ、そして地上世界に普及させてゆくことの責任を強く感じました。“人間観”はとても奥が深く、何度も学んでいくことが大切なことも理解できました。“人間観”の理解を深め、日常生活を霊的視野で自分の周りの人々を見る努力、訓練を重ねていきます。そして、霊的成長を目指し、霊界の道具、イエスの部下として、一人でも多くの人々の役に立っていきたいと思います。

 

  • 人間は「霊」「霊の心」「霊体」という霊的要素と、「肉の心」「肉体」という物質的要素を持ち、霊的要素は物質的要素よりも上位にあること、人間は死んでから霊になるのではなく、最初から霊的存在なのだということを学びました。霊的真理を学んでいると、自然に腑に落ちること、さまざまな霊的真理と関連していて矛盾するところが一つもないことに驚きます。この霊的真理を降ろすために、イエスは何千年も前から準備され多くの高級霊、霊界の方々によって、今、こうして学ぶことができていることに改めて感謝いたします。今日、学んだ人間観を実践に活かせるように、気持ちを新たに日々の生活を送っていきたいと思います。

 

  • 人間はどのような存在なのかということは、本来なら誰もが知っていなければならないことですが、ほとんどの人は知りません。自分が肉体だけの存在ではないということが分かれば、生き方が変わるだろうに……と思ってしまいます。この基本的な真理が一日も早く人類の共通認識となることを願います。私は本日の学びを通して、人間は霊的存在であり、人間にとって最も大切なことは、霊的成長であるということを再確認することができました。これからの人生「霊的視野で自分や周りの人々を見る」という人間観の真理の実践をしっかり行っていきたいと思います。そして、一人一人が神から愛されている神の子どもであることを、実践を通して示していきたいと思います。

 



◆2024年3月16日――感想

スピリチュアリズム(シルバーバーチ)の思想の総合的把握と体系的理解


  • 今回、はじめて読書会に参加させていただきました。今日の読書会では、「スピリチュアリズム思想の大樹」の図を示していただきながら学ばせていただきましたが、膨大な量の霊的真理、霊的知識の中から、点の理解、部分的理解ではなく、全体的な理解をしていく上でとても重要なポイントが的確におさえられていて、とても分かりやすかったです。今後も真のスピリチュアリストとなるべく、正しく理解し、正しい実践を積み上げながら、イエスの兵士として、地上の道具として相応しい人間になるよう、精進していきたいと思います。また、最後にイエスのメッセージを聴かせていただき、とてもありがたい立場にあることを改めて痛感するとともに、その責任の重さも感じました。まだまだ未熟ではありますが、残りの地上人生をイエスの兵士としてすべてを捧げていく決意をすることができました。

 

  •  今日は、スピリチュアリズム思想の枠組みと、真理を体系的に理解していくことの重要性を学びました。スピリチュアリズムの霊的真理がとても幅広い分野にまで及んでいることがよくわかりました。一人で『シルバーバーチの霊訓』を何十回読んだとしても、きっとわからなかっただろうと思います。これからもスピリチュアリズムを学び続けていきますが、全体の枠組みを意識しながら学んでいこうと思います。今は、まだ日本にしかないという思想体系を、世界中の人々が早く手に取って読むことができるようになってほしいと願います。

 

  • 本日は、地上に降ろされた膨大な量の霊的知識を吸い上げた“スピリチュアリズム思想の大樹”という重要な図について学びました。この図を理解することで、スピリチュアリズムの思想の大枠を理解するということにつながる、とても重要な図であるということを理解しました。幹の部分、大枝、小枝、実の一つ一つ、そのどれもが重要な部分ですが、自分の好みの部分だけ理解しているようでは、点の理解、部分的理解にとどまり、正しい理解とはいえません。スピリチュアリストとしての第一歩は、霊的真理を正しく理解するということです。霊的真理を一足先に知ることができた者として、まず霊的真理を正しく理解するということに努めます。そして実践を通して、さらに理解を確かなものとし、伝道していけたらと思います。自分の置かれた立場での責任をしっかり果たしていきたいと思いました。

  

  • 今日の学習は、スピリチュアリズムの全体を理解するための重要な内容でした。スピリチュアリズム思想の枠組みを大きな樹に例えた図は、とてもわかりやすく、頭の中をスッキリと整理することができました。全体像の学びでは、イエスが人類を救うために立てた計画を再確認しました。イエスと同じ方向を向いて進んでいくことは、道具として当然のことです。こうした基本というべきことを学ばせていただいたことで初心に帰ることができました。また、思想体系についての理解も深まりました。思想体系〔Ⅰ〕~〔Ⅲ〕は、この先どれだけ時間が経っても、変わることがないものです。思想体系を手にしたことの価値を実感し、恵まれた環境で学べていることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。「真の救いとはイエスの教えを正しく理解し、実践すること」これを心にとめて今後も学習に励んでいきたいと思います。

 



◆2024年2月17日――感想

インフォメーションNo.41

2021年4月、「イエスの地上再臨」実現!

――二千年来のイエスの悲願成就と、地球の霊的新時代の始まり


  • 今日は、インフォメーション41号のイエスの地上再臨と霊の証言について学びました。2000年前から現在に至るまでずっと地球人類救済のために働きかけてこられたことを思うと感動します。イエス様の言葉で、表現できないぐらいの愛の深さを改めて感じました。イエス様の呼びかけに応えたいと思っても、私自身が何かできるわけではありません。ただ、地上の道具になれるように、日々の生活の中で真理を実践していくだけです。本当にスピリチュアリズムに出会うことができて良かった!出会えたことに感謝しています。

 

  •  イエスの地上再臨のプロセスの学びを通し、イエスの大きな愛を再確認できました。自分の苦労など、イエスの苦労に比べるととるに足らないものだと、勇気をもらえました。スピリチュアリズムを学ぶことで、神の摂理を知り、霊として永遠に成長し続けることが神髄であると確信しています。我々が正しく地上人生を生き、正々堂々と苦しみに立ち向かうことで、イエスが霊訓を通して何を伝えたいのか、2000年前に何を伝えたかったのかを示していきたいと思います。そして実践を通して更なる高みを目指したいです。

 

  • 私は『シルバーバーチの霊訓』によってスピリチュアリズムに導かれました。一語一語が心に染み入り貪るように読んだことを思い出します。霊訓は降ろしただけでは道は開かれない、受け入れ、実行する人々が不可欠です。そのためイエスは40年間にわたり普及会の方々を導いてくださっていたのです!びっくりです!カトリック高に学び受洗したことで、読書会での勉強は抵抗なく受け入れられ理解できます。なにより地縛霊になって何十年も何百年も暗い闇の中で、ひたすらイエスを待ち続けた霊達の気持ちがわかります。別けても指導する立場にあった教皇やシスターたちの痛恨は、いかほどだったことでしょう。回を重ねるごとに少しずつではありますが、読書会の重要性と自分の立場の重さに身の引き締まる思いがします。

  

  • 読書会に初めて参加しました。不安もありましたが、あっという間に時間が過ぎました。何より、講義を通してイエスの熱い思いが、迫力をもって何度も胸に迫ってきました。イエスが二千年もの時をかけ準備し、働きかけてくださっている、この途方もない大計画、人類史上最大の出来事を、地上人として、いち早く知ることができたことに心から感謝しています。霊界の大霊団や地上のスピリチュアリストの皆さんと、ともに手を取り合って“霊的新時代を切り開いていく”という使命をまっとうできますようにと、決意を新たにいたしました。イエスの地上人を思う、深い愛や情熱になんとか報いたいと胸がいっぱいです。

 

  • 今日は、「イエスの地上再臨」について学ばせていただきました。地上再臨を果たすまでのイエスの二千年間の歩みは、私たち地上人には計り知れない苦労と犠牲の連続であったと思います。地上にキリスト教が広まっていく様子を見て、イエスがどれほど悲しみ、涙を流されたかと思うと、胸が締めつけられます。スピリチュアリズムに真っ先に導かれ、イエスの愛の思いを知った私たちは、二度とイエスを悲しませてはいけない、裏切るようなことをしてはいけないのだと、改めて感じました。地上の同志と、霊界でイエスの援軍に加わった大勢の霊たちと力を合わせて、真理普及の道を突き進む決意を新たにしました。今日は、イエスと霊界の方々がすぐ近くで応援してくださっているような感動のひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。